アーティストになる前にサラリーマンになってよかったこと【起業】

こんにちは、川名慶彦です。

今回は、『アーティストになる前にサラリーマンになってよかったこと』について解説していきます。

 

アーティストになる前にサラリーマンになってよかったこと【動画】

 

ビジネスセンスが鍛えられる

スーツを着てネクタイをしめてビジネスシューズを履くことがビジネスマンの常識です。

毎朝、通勤ラッシュをあって会社に着き、夜まで仕事をする……。

会社員にならないとこのサラリーマンの生活リズムは体験できません。

多くの人はこういった経験はしたくないと思うでしょうが、脱サラ起業した僕はサラリーマンを経験してよかったと感じています。

なぜなら基本的なビジネスマナーやプレゼンテーションスキルを身につけることができるからです。

これらは本を読んだりセミナーに参加すれば学べることですが、会社員として実践的に学べる環境はサラリーマン特有のものになります。

脱サラして起業するとこういった教えてくれる環境は近くになくなるので、サラリーマンのときに思い切り学んでおくべきでしょう。

 

パソコンスキルが身につく

パソコンやインターネットを使う仕事の場合、そのスキルが身につきます。

IT・AIが発展していく現在、パソコンとインターネットを武器として活用できる人とできない人とでは雲泥の差が開いていきます。

サラリーマンをやっている間にパソコンスキルを身につけると、脱サラ起業してから非常に楽にライフワークを構築できます。

もしサラリーマンとしての仕事でパソコンを触らない場合は、自宅でパソコンを使ってスキルを磨くようにしましょう。

キーボードを使ってブラインドタッチでブログ記事を書いたり、HTMLやCSSを学んだりしていくと必ず役に立つときがきますよ。

 

まとめ

以上、『アーティストになる前にサラリーマンになってよかったこと』をまとめました。

僕はブラック企業でこき使われる社畜でしたが、今となっては良い経験をさせていただいたと思っています。

人間的に厚みが生まれるという感じでしょうか。

ビジネスでの成功者はサラリーマンでの苦痛から脱したいために起業する人がほとんどです。

そのエネルギーがあるから起業しても成功するわけですね。

脱サラ起業した人生物語はメルマガで学べますのでよかったらお読みください。

それではまた!

 

 


こんにちは、川名慶彦です。

僕は福島県生まれの田舎育ち、
銀座で働く元ブラック企業のサラリーマン。

今では脱サラして好きを仕事にすることで、
5ヶ国以上の国を自由に旅しながら、
月100万以上稼ぐことに成功しました。

お金も人脈も才能もコミュニケーション力もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
サラリーマンを辞めて好きなことで
独立起業するくらいの収入と
自由な時間は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって脱サラ起業して好きなことだけで
月収100万以上稼げるようになったのか、
テレビに出演してアーティストとしても成功できたのか、
20冊以上の本を出版して多くの起業家に
コンサルティングするようになったのかなど、
下記の記事で公開しています。

→ 『凡人の告白』ブラック企業ダメリーマン→月収100万アーティストのリアルな物語を読んでみる

常識がぶっ壊れる過激なメルマガをお届けしています。

→ 非常識な新世界を楽しみたい人はこちらの境地へ

 

 

期間限定プレゼント!

「23才の凡人がパソコン1台で脱サラ起業して
テレビ出演&自伝本を出版した」人生逆転成功物語

 

 

好きなことで自由に楽しく生きる成功方程式がストーリー形式で学べます。
本書は「ジェットコースターのような人生」を疑似体験できて
楽しく読めて学べると読者さんから好評です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ