他人の目を気にして無難な道を選ぶべからず【10代で成功する脳08】

こんにちは、川名慶彦です。

今回は『マイナーな道を歩むことがベストである理由』についてまとめました。

 

他人の目を気にして無難な道を選ぶべからず【10代で成功する脳08】

 

誰もやったことないことをやってみる

部活動にしても、多くの人が選ぶことに流されていませんか?

多くの人がやっていることをやるようになると、『その他大勢』の一人になります。

つまり、少数派の生き方を目指すならばあえて『その他大勢』の一人にならない選択をする必要があります。

 

先行者利益というメリット

誰もがやらないことをやると、『先行者利益』という大きなリターンが返ってくるようになります。

そうなるためには『道なき道をつくらなければいけない』のですが、以前話した『先に苦労してあとで楽しむべし』という理論に合致します。

少数派の道をあえて進むことで、道を開拓してオリジナル・オンリーワンの存在を目指していきましょう。

そうなると、子どものように遊ぶほどに理想を現実化することが容易になります。

人生を楽しむためにマイナーな存在であることが、記帳な存在になるのです。

 

まとめ

以上、『マイナーな道こそがオリジナルになる』ことについてまとめました。

他人の目を気にして個性的な行動ができない人は多いです。

だからこそ少しでも少数派の思考を取り入れるだけで、人生は好転していきます。

ロボット人間ではなく、オリジナルでオンリーワンな存在になって楽しいライフスタイルを実現しましょう。

それではまた!

 

 


こんにちは、川名慶彦です。

僕は福島県生まれの田舎育ち、
銀座で働く元ブラック企業のサラリーマン。

今では脱サラして好きを仕事にすることで、
5ヶ国以上の国を自由に旅しながら、
月100万以上稼ぐことに成功しました。

お金も人脈も才能もコミュニケーション力もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
サラリーマンを辞めて好きなことで
独立起業するくらいの収入と
自由な時間は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって脱サラ起業して好きなことだけで
月収100万以上稼げるようになったのか、
テレビに出演してアーティストとしても成功できたのか、
20冊以上の本を出版して多くの起業家に
コンサルティングするようになったのかなど、
下記の記事で公開しています。

→ 『凡人の告白』ブラック企業ダメリーマン→月収100万アーティストのリアルな物語を読んでみる

常識がぶっ壊れる過激なメルマガをお届けしています。

→ 非常識な新世界を楽しみたい人はこちらの境地へ

 

 

期間限定プレゼント!

「23才の凡人がパソコン1台で脱サラ起業して
テレビ出演&自伝本を出版した」人生逆転成功物語

 

 

好きなことで自由に楽しく生きる成功方程式がストーリー形式で学べます。
本書は「ジェットコースターのような人生」を疑似体験できて
楽しく読めて学べると読者さんから好評です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ