指定校推薦で大学進学したバカ高校生の非常識な戦略【10代で成功する脳10】

こんにちは、川名慶彦です。

今回は『凡人でも大学進学できた非常識な戦略と実践』についてまとめました。

 

指定校推薦で大学進学したバカ高校生の非常識な戦略【10代で成功する脳10】

 

指定校推薦で99%大学に進学できる道

僕は中学時代、高校受験に失敗してかなり偏差値の低い第三志望の高校に入学しました。

『おれの人生、終わったな……』

そう自伝本(※脱サラ芸術起業)に書いてあるように、人生を諦めていました。

受験を失敗して人生負け組決定だと思った僕は1年ほど、魂の抜け殻のようになっていました。

しかし、廃人の人生を送ることが怖くなって、『大学に進学して一人暮らしを実現する』ことを目標に戦略をたてました。

それが『指定校推薦』枠1名に入って、99%の確率で大学に進学することでした。

その具体的な戦略と実践は以下の5つに分類できます。

 

ポイント1,テストの成績をトップクラスへ

理系の普通科コースだった僕は、そのコースでトップ3の成績を取るように必死になりました。

テストの点数がそのまま学力として反映されるため、中間テスト・期末テスト・全国模試テストはかなり力を入れて勉強していました。

平均成績値は5段階評価で4.7というトップを叩き出せるようになりました。

その結果、理系コースで2位まで上がることができました。

 

ポイント2,部活動で県大会へ

僕が所属していた『弱小剣道部』を大会で勝ち上がって、県大会出場を果たすように導いたことも大きな勝因でした。

団体戦では5人目の大将を任されていたとき、自分の勝敗で県大会出場の可否が決まる場面は非常に緊迫感がありました。

無事、勝つことができて弱小剣道部を県大会に引っ張ることができてよかったです。

 

ポイント3,少数派の難易度の高い資格

英語検定やワープロ検定など、誰もが取れる資格を取っていては差別化できません。

なので僕は、『剣道三段』『漢字検定2級』に合格するために戦略をたてました。

どちらも誰もが一朝一夕では合格できない高難易度の資格なので、指定校推薦枠に入る起爆剤になりました。

 

ポイント4,積極的な委員会活動を

環境美化委員会の副委員長になって、校内のゴミ拾いなど積極的におこないました。

『模範生』と言われるほどでしたので、周りからは完璧な高校生に映っていたでしょう。笑

これは次に話す『先生たちとの信頼関係』につながる重要な活動になっています。

 

ポイント5,先生とのコミュニケーション

指定校推薦枠1名を決める審議では、先生方全員が集って決定するため『先生とのコミュニケーション』は非常に重要なパートになります。

まず、先生よりも速く学校に着くように登校して勉強していました。

そして、先生の子どもだと思えるほど、仲良くなるためにコミュニケーションを積極的にとりにいっていました。

職員室に出入りすることで先生方と頻繁に顔を合わし、覚えてもらうこともポイントでしたね。

 

大学に合格して自由の翼を手に入れる

これら5つのポイントを制覇して無事、希望していた第一志望の大学に指定校推薦で合格することができました。

大学進学を理由に福島県から神奈川県に引っ越してきたときは、なんとも言えない開放感に包まれていました。

大学では気の合う友人にも恵まれて、刺激的な大学生活を送れるようになりました。

・なぜ、就職活動を大学二年生からスタートしたのか?

・なぜ、スーツで大学に通っていたのか?

・なぜ、起業する前にサラリーマンになったのか?

くわしくは自伝本(※脱サラ芸術起業)に書きまとめましたので興味があればご覧になってくださいね。

 

まとめ

以上、高校1年生の頃に考えた『超凡人 の人生を逆転させる戦略と実践』についてまとめました。

一般入試ではなく、指定校推薦で大学に進学したい人はぜひ参考にしていただければと思います。

あなたの人生を切り拓けるのは、あなただけです。

どういうライフスタイルを送りたいのか、自問自答してやるべきことを着々とこなしていきましょう。

大学、社会でもその力はきっと活かせることになりますよ。

それではまた!

 

 


こんにちは、川名慶彦です。

僕は福島県生まれの田舎育ち、
銀座で働く元ブラック企業のサラリーマン。

今では脱サラして好きを仕事にすることで、
5ヶ国以上の国を自由に旅しながら、
月100万以上稼ぐことに成功しました。

お金も人脈も才能もコミュニケーション力もない、
面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
サラリーマンを辞めて好きなことで
独立起業するくらいの収入と
自由な時間は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって脱サラ起業して好きなことだけで
月収100万以上稼げるようになったのか、
テレビに出演してアーティストとしても成功できたのか、
20冊以上の本を出版して多くの起業家に
コンサルティングするようになったのかなど、
下記の記事で公開しています。

→ 『凡人の告白』ブラック企業ダメリーマン→月収100万アーティストのリアルな物語を読んでみる

常識がぶっ壊れる過激なメルマガをお届けしています。

→ 非常識な新世界を楽しみたい人はこちらの境地へ

 

 

期間限定プレゼント!

「23才の凡人がパソコン1台で脱サラ起業して
テレビ出演&自伝本を出版した」人生逆転成功物語

 

 

好きなことで自由に楽しく生きる成功方程式がストーリー形式で学べます。
本書は「ジェットコースターのような人生」を疑似体験できて
楽しく読めて学べると読者さんから好評です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ